つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ つがる市情報 市長のページ > 年頭あいさつ  > 平成29年年頭あいさつ




 

平成29年 新年祝賀会あいさつ
  

 市民の皆様 明けましておめでとうございます。

輝かしい、希望に満ちた新春を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

 また、皆様方には、日頃より市政運営につきまして、特段のご支援とご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 昨年を顧みますと、全国的に自然災害が多数発生し、改めて自然の厳しさを認識させられる年でもありました。

甚大な被害をもたらした「熊本地震」ならびに「鳥取中部地震」により、厳しい環境にある被害者の方々のためにも、復興が一日も早く成し遂げられ、生活が安らかになりますよう念願するとともに、改めてお見舞いを申し上げます。

 さて、本市の基幹産業である農業は、昨年4月の暴風で、農業施設等の被害があり、被災した方々に対し心よりお見舞い申し上げます。

 水稲に関しては、天候に恵まれ順調に生育し、米価も昨年より引き上げられ、また、デビュー2年目の「青天の霹靂」の作付け面積増加など、実りある年でありました。

 しかしながら、平成30年度には農政の根幹である生産調整の廃止という政策転換が決定しており、稲作農家の経営を根本から揺るがしかねない懸念を含んでおります。

 市としては、今後も稲作農家が継続的に安定した生産ができるよう市議会と連携を図りながら、これらの課題に取り組んで参ります。

本市では、基本理念を「新田の歴史が彩る日本のふるさと」と定め、各施策を計画的に進めてまいりました。

昨年3月に第2次つがる市総合計画を策定し、前計画のまちづくりの基本理念を引き継ぎ、市民と行政がお互いに役割を理解しながらともにまちづくりに関わり、魅力あるまちづくりを推進して参ります。

 さらに、市民が待ち望んでおりました、つがる市立図書館が、昨年7月イオンモールつがる柏内にオープン致しました。これにより市民の学習と情報の場、読書に親しむ環境づくりが提供できました。

また、つがる市民診療所との連携による健康相談の充実と、各地区で行われている特定健診・乳幼児健診など健診を集約的に行う施設として「仮称 つがる市総合健診センター」が3月に完成予定であり、健康づくりに取り組める環境が整備されます。

市独自の定住対策として進めている、桜木団地住宅の建設も平成29年度には28戸を建設する予定であり、市民の皆様に快適な住環境を提供したいと考えております。

この他、車力地区統合小学校が4月より開校となります。

津軽自動車道の未着工区間については、引き続き関係機関に積極的に要望してまいります。

今後とも、活力に満ちた魅力あるまちづくりに全力を挙げて取り組んで参りますので、より一層のご支援とご協力をお願い申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

   平成29年1月4日

       つがる市長 福 島 弘 芳