つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ 福祉・医療 > 予防接種 >子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えについて


■子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えについて 


  平成25年6月14日、厚生労働省の副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチンの接種後に、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みが特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとの勧告を出しました。
 このことを受け、つがる市においても、対象となる方等への積極的な接種の勧奨を差し控えることとなりましたので、お知らせします。
 積極的な接種勧奨の差し控えは、定期接種を中止するものではないので、対象となる方等で接種を希望する場合は、定期接種として受けることができます。接種を受けるに当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。
 今回の措置で、すでに接種を開始している方(ただし3回の接種は終了していない方)で、規定の接種間隔を超えてしまう方への対応等については、現在、厚生労働省において検討中です。詳細がわかり次第、ホームページに掲載いたします。

関連リンク 

厚生労働省通知「ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)」

厚生労働省リーフレット「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ」



【問い合わせ先】市役所 福祉部 健康推進課  電話0173-42-2111(内線304)