つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ 保険と税金国民健康保険 > 国保資格喪失後に国保で受診したとき 


国保届出関連一覧表
国保に加入する人
国保に加入するとき
国保をやめるとき
お医者さんにかかるとき
入院したときの食事代
いったん全額自己負担したとき
出産のとき
亡くなったとき
移送が必要なとき
交通事故にあったとき
 国保資格喪失後に国保で受診したとき 
保険証が使えないとき
医療費が高額になったとき
お支払い方法について
退職者医療制度


■お問い合わせ
つがる市役所
国民健康保険課 国民健康保険係
 青森県つがる市木造若緑61-1
 0173-42-2111 内線271
または 各出張所 市民係まで




国保資格喪失後に国保で受診したとき 
 不当利得(資格喪失後の診療)について
不当利得とは
 社会保険等の資格があるにもかかわらず、勤務先での「被保険者証」の交付が遅れたために、つがる市の「国民健康保険証」で受診してしまった場合や、さかのぼってつがる市の国民健康保険の資格を喪失した場合などは、「不当利得」というかたちでつがる市が医療機関等へ支払った医療給付費分を返還していただきます。
 これは、つがる市の「国民健康保険証」で受診したことにより、本来、社会保険等が負担すべき医療給付費分(7〜9割)をつがる市が医療機関等へ支払ったためで、加入されていた方からつがる市へ返還していただき、返還していただいた分を社会保険等に改めて請求し直していただくものです。



    
医療機関に一部負担金を支払います。 
医療機関より保険分の請求がつがる市国民健康保険にきます。
該当者の資格を確認し、医療機関に保険分(7〜9割)の支払いをします。 

   本来であればここまでで完結します。
   しかし、国保資格喪失後の受診であった場合には、医療費返還の手続きが発生します。


不当利得のため、つがる市国民健康保険から世帯主に保険給付分の返還請求(納付書と診療報酬明細書を同)をします。 
不当利得返還請求分を世帯主がつがる市国民健康保険に支払います。 
つがる市国民健康保険に返還した分を新たに加入した健康保険に請求します。その際、不当利得を支払った領収書と、つがる市国民健康保険から送付された診療報酬明細書が必要になります。詳しい申請方法については、加入された健康保険にご確認ください。 
新たに加入した健康保険より、保険給付分が返還されます。 
つがる市国民健康保険に返還した分が、新たに加入した健康保険から申請により返還されますので、最終的な負担は変わりませんが、保険分を一時的に支払う必要や、申請の手続きをしなければならないなど、経済的・時間的負担になると思われます。
 
他の健康保険に加入した際は、速やかに脱退の手続きをし、つがる市の国民健康保険証は使わないようにしてください。また、脱退の提出をしたあと、必ず現在かかっている医療機関に新しい保険証を提示してください。