つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ 保険と税金 >  申告相談について
■ 市税について > 申告相談について



平成28年分「市・県民税」申告相談のお知らせ
 
受付期間:平成29年2月3日(金)〜3月15日(水)
受付時間:午前8時45分〜午後4時30分(正午〜午後1時までは除きます)
   
 市県民税の申告は、あなたの市民税と県民税を計算するための基礎資料となります。
 また、国民健康保険の税額や各種手当・行政サービスの負担額等の大事な判定資料となるため、収入がない人でも申告が必要な方は、必ず申告してください。
 申告がスムーズに行えるよう、関係書類の準備をお願いします。
 
 

 

1 申告が必要な方
  平成29年月1日現在、つがる市に住所を有している方
    (住民登録の有無にかかわらず、現に居住している方)
  営業、農業等事業を営んでいる方、または地代、家賃等その他の収入がある方
    収入があれば、所得がゼロやマイナスの場合でも申告が必要です。
    譲渡所得があった方で、税務署への確定申告が不要になった方でも市・県民税の申告が必要です。
  給与所得者で給与以外に収入がある方、または2ヵ所以上の支払者から給与をもらった方
  勤務先からつがる市に給与支払報告書が提出されない方
    (あなたの給与支払報告書がつがる市に提出されているかどうかは、給与支払者にご確認ください。)
  収入のない方でも、次のような方は申告してください。
    @ 国民健康保険に加入している方
    A 他の市町村に住んでいる人の扶養になっている方
(扶養している方の氏名、住所等をお知らせください。)
 
2 申告する必要のない方
  平成28年分の所得税の確定申告書(青色申告等)を税務署に提出される方
  給与所得者で毎月の給与から市・県民税を差し引かれ、他に収入がない方
  公的年金等の収入のみの方で、支払者からつがる市に公的年金等支払報告書が提出されていて、医療費等の各種控除を受けない方、または、税務署へ確定申告書を提出する必要のない方
 
3 申告をしなければならない方が申告をしない場合
  国民健康保険税の軽減措置(7割・5割・2割)が受けられません。
  所得等に関する証明書(所得証明・課税証明等)が発行されません。
     
申告相談には次のものをご持参ください
印鑑(認めで可)
収入・経費等の分かる書類
営業等… 収支内訳書と売上、仕入・必要経費等所得が計算できる資料
農 業… 収支内訳書と出荷証明書等収入の分かるもの、必要経費となる領収書等
不動産… 収支内訳書と地代・家賃等収入の分かるもの、必要経費となる領収書等
給 与… 源泉徴収票、または給与明細書等
一 時… 生命保険金等の受取にかかる証明書等
  譲 渡… 売買契約書、特別控除を適用するための証明書等
社会保険料控除( 国民年金の証明書、国保税・介護保険料等の領収書 )
生命保険、地震保険料、個人年金等の証明書
医療費控除( 医療費等の領収書⇒総額を計算してきてください。)
身体障害者等の手帳
その他必要と思われる各種証明書
所得税の還付を受ける場合は、本人の金融機関名及び口座番号のわかるもの
所得税の振替納税希望の方は、本人の金融機関名及び口座番号のわかるものと通帳の届出印
マイナンバーカードをお持ちの方はマイナンバーカード、お持ちでない方は通知カードおよび運転免許証など

 【平成29年度からの主な変更点】
  所得税確定申告書にマイナンバーの記載が必要となりました。 
  税務署とつがる市とのデータ連携による申告業務効率化のため、相談者の方には利用者識別番号の取得を会場でお願いすることになります。お手数ではございますが、取得の際には職員を配置いたしておりますのでご協力をお願いいたします。 
 3月16日以降の所得税確定申告は市役所で受付できません。税務署へご相談ください。

 e-Taxならこんないいこと!!
1.  自宅やオフィスなどからインターネットを利用して申告、申請・届け出などができます。
〇  消費税、所得税、法人税、贈与税などの申告ができます(中間申告・予定申告を含みます) 
各種申請・届け出のほか、納税証明書の交付請求や法定調書の提出などができます。 
2.  添付書類の提出省略 
医療費の領収書や源泉徴収票などは、その記載内容(病院等の名称、支払金額など)を入力して送信することにより、これらの書類の提出または提示を省略することができます)
3.  還付がスピーディ
e-Taxで申告された還付申告は3週間程度で処理しています。 

詳しくはe-Taxホームページをごらんください。【www.e-tax.nta.go.jp】
平日の相談が困難な方へ
2月26日(日)、3月12日(日)に下記の場所で受付いたします。
●生涯学習交流センター「松の館」2階で受付 8時45分〜16時30分
 
 申告は受付期間内に済ませましょう
 
【申告期間中の問い合わせ先】
  ●生涯学習交流センター「松の館」 電話49-2213(2月3日〜3月15日)
  ●車力出張所 電話56-2111(2月3日〜2月10日)
  ●稲垣出張所 電話46-2111(2月14日〜2月21日)

  ●財政部税務課 電話042-2111(内線212・214・216)