つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ 保険と税 > 市税の滞納 > 徴収対策の強化について


徴収対策の強化について
 市税・国民健康保険税は、納税者の皆さんが決められた納期限までに自主的に収めていただくものです。多くの皆さんには期限までに納付していただいていますが、さまざまな理由で滞納している方が年々増えています。
 市では、滞納額を減らし、市民サービスの財源となる市税・国民健康保険税を確保するため、本年度から“収納強化プラン”を策定し、効率的な滞納整理を進め、高額・悪質な滞納者に対して滞納処分を含めた徴収強化を図っていきます。市民の皆さんのご協力をお願いします。

税金を納めないとどうなるの?
 納期限までに納付しない場合は、20日以内に督促状(手数料100円)を送付します。それでも納付せずに放置していると、催告書の発送や自宅・職場への訪問、給与照会さらには滞納処分へと移ります。
 ※納期限までに納付しないと、納期限の翌日から延滞金が加算されます。
   

滞納処分とは?
 地方税法や国税徴収法に基づき、財産の調査や自宅・会社の捜索を行い、その財産を差し押さえたり、差し押さえた財産(不動産や動産など)を公売します。
○滞納処分の流れ
納税通知書
の発送
 →
納期限
督促状の
発送
 →
納期限
催告書の発送、財産調査、
自宅等の訪問や捜索
 →  財産の
差し押さえ
 →  差し押さえ
財産の公売
換価(税金に充当)
○差し押さえ財産の例
  不動産(土地・建物)
   ・登記簿に「差押」と記載され、自ら売買ができなくなります。
   ・公売で売却します。
  給与(給料・ボーナス)
   ・勤務先の会社に、給与の内容等を照会します。
   ・毎月の給与から、取り立てを行ないます。
※一時的に納付が難しい場合には、分割納付などの納税相談を市役所収納課で行っています。

【問い合わせ先】 
 財政部 収納課
 電話 0173-42-2111(内線221)