つがる市のいせき
  つがる市には縄文時代(じょうもんじだい)の人の生活が
 わかるいせきがたくさんあります。

 つがる市には、縄文時代(じょうもんじだい)のいせきがたくさんあります。
 縄文時代は今から約13000年から2300年前に土器(どき)を使って定住生活を始めた文化です。いせきから出た土器に縄(なわ)のもようが付いていたので縄文時代といわれます。

 つがる市にある縄文時代いせきの中でも、亀ヶ岡石器時代遺跡(かめがおかせっきじだいいせき)と田小屋野貝塚(たごやのかいづか)は、「北海道(ほっかいどう)・北東北(きたとうほく)を中心とする縄文遺跡群(じょうもんいせきぐん)」としてユネスコ暫定一覧表(ざんていいちらんひょう)にのっていて、世界遺産(せかいいさん)に登録(とうろく)されるように活動がおこなわれています。

 亀ヶ岡遺跡は遮光器土偶(しゃこうきどぐう)や美しい色の土器が出たことでも有名です。遮光器土偶は、国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定されています。田小屋野貝塚は日本海がわの数少ない貝塚として有名です。貝塚とは貝がらをすてたところです。ここでベンケイガイのブレスレットが作られて北海道へ運ばれたと考えられています。

 つがる市には、ほかにも石神遺跡(いしがみいせき)などたくさんの縄文時代のいせきがあります。また、新しく縄文時代の人が住んでいた場所が発見されるなど、これからも新しい発見がありそうです。


亀ヶ岡遺跡公園

 
つがる市役所 〒038-3192 青森県つがる市木造若緑61番地1 
TEL 0173-42-2111
FAX 0173-42-3069
Copyright(C) 2005 Tsugaru City All Rights Reserved.