つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ 農林水産業 > 「攻めの農業実践緊急対策事業」について



「攻めの農業実践緊急対策事業」について
 
1.  趣旨 
  改革に取り組むあらゆる営農を対象に、効率的な機械利用体型の構築に必要な大型機械の導入や既存機械の再利用等を支援します。 
2.   対象作物
  水稲等あらゆる作物を対象とする。 
3.  対象機械 
  田植機・自脱型コンバイン・トラクター及びアタッチ等のリース事業 
4.  対象施設 
  あらゆる作物に対する施設内設備(施設に導入する機械で施設は対象外)のリース事業(乾燥機については県で協議中) 
5.  補助率 
  2分の1以内 
6.   県への交付額 
  11億円(26年度5.5億円・27年度5.5億円) 
7.   条件 
  5戸以上の農家で組むことが条件
(例えば自脱型コンバインを導入するために、機械を導入する担い手農家が他の農家4戸の同意と稲刈り作業を請け負うことが条件となる。)
※元々5戸以上の農家が集まり組織された、組合・法人については原則1戸としてカウントされる。 
 

【問い合わせ先】
 
つがる市地域農業再生協議会
(経済部 農林水産課 水田農業対策係)   電話 0173-42-2111