つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ つがる市写真館 > ベンセ湿原2011


 ベンセ湿原2011

夏の草花
 8月12日
 夏の暑い日が続く中、ベンセ湿原ではさまざまな草花が生い茂っています。
 左上のオレンジの花はエゾシカリユリ、右の紫の花はタチギボウシというそうです。遊歩道を歩くときに、隅々まで注意深く観察してみると意外な発見があるかもしれません。

夏の始まり
7月8日
 定期観光バスツアーが終了し、ノハナショウブの咲く姿を見られるのもあとわずかとなりました。
 ベンセ湿原はこれから夏を迎えます。


ノハナショウブの季節です
 6月28日
 ニッコウキスゲの季節が終わり、ノハナショウブの花が咲き始めました。
 ノハナショウブの特徴は紫色の花びらと黄色い模様の美しいコントラスト。これから7月上旬にかけて見頃です。
 右上の野鳥は運よく撮影できました。ホオアカという鳥だそうです。ベンセ湿原には野鳥も数多く生息しています。
 


満開の行楽日和

 
 6月17日
 天気の良い日が続き、この日も観光に訪れた方が多く見られました。
 ニッコウキスゲの花でいっぱいのベンセ湿原の中を歩いていると、黄色い花のプールに飛び込んだような心地良い気分に。
 ニッコウキスゲが満喫できるのもあと少し。
 次はノハナショウブが私たちを楽しませてくれます。


今週が見頃です
 6月14日
 ニッコウキスゲがベンセ湿原一面に咲きました。
 上の写真は展望台の上から撮影。
 満開の花畑の中を歩くのがとても気持ち良さそうです。


定期観光バスツアー開始
 
6月7日
 定期観光バスツアーが開始しました。
 初日の今日は、見事な快晴。
 ツアー参加者はニッコウキスゲや小鳥の声、心地よい風などベンセ湿原の自然を満喫していました。
 



開花しました
 
 6月6日
 場所によっては、まだつぼみ状態のところもありますが、ニッコウキスゲの花が一部開花しました。
 ニッコウキスゲの花が湿原一面に広がるのももうすぐです。


ほころび始めました
 
6月1日
 ニッコウキスゲが咲き始めました。岩木山のシルエットがまるで絵画のようです。


ぽつぽつと黄色が
5月25日
 緑一色だったベンセ湿原にぽつぽつとニッコウキスゲの黄色が見えるようになりました。
 開花まであともう少しです。
 定期観光ツアーが始まる頃には綺麗な花を咲かせてくれそうです。


まだ青いつぼみ
  5月18日
 天気が良くあたたかい1日となりました。
 ニッコウキスゲはまだつぼみが青く、昨年の同時期に比べると、今年はやや成長が遅いようです。
 遊歩道では小鳥のさえずりが元気良く出迎えてくれました。
 遊歩道途中の東屋は、天気の良い日には岩木山を一望できる絶好のポイントです。 
 


今年最初のベンセ湿原です
 
  5月12日
 ニッコウキスゲの花が姿を見せるにはまだ早いこの時期、生い茂る草花が風で一斉に波打つ姿はまるで草原にいるかのような気持ちにさせてくれます。