つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ つがる市写真館 > ベンセ湿原2013


 ベンセ湿原2013
 
ノハナショウブが咲き始める

 ベンセ湿原に咲き誇るノハナショウブ
 ホオアカの姿も見られました

6月24日 
 ベンセ湿原はニッコウキスゲからノハナショウブへと変わりつつあります。
色鮮やかなノハナショウブが華やかな美しさなら、湿原に点在する紫色のノハナショウブは繊細な美しさと言えるのではないでしょうか。
ノハナショウブとカキツバタの違いを知っていますか?
どちらも紫色の花びらですが、中に黄色い筋があるのがノハナショウブで、白色の筋がカキツバタです。
 
見頃を迎えています
 
 
6月13日 
 青空のもと、たくさんのニッコウキスゲが咲き誇り、見頃を迎えています。
一面に広がる“黄色い絨毯”が来訪者を魅了していました。
菰槌保育園の子どもたちも訪れ、鳥の鳴き声に耳を傾けながら散歩を楽しんでいました。
 
 
シーズン本番
 
6月11日 
 晴天が続いているおかげで、ここ1週間でベンセ湿原が一気に黄色く染まりました。
ニッコウキスゲの咲き具合も7〜8割というところまでやってきました。
今週末が最高の見頃と思われます。

週末は大変混雑すると予想されますので、車でお越しの際はお気をつけてお越しください。
   

二分咲きです
6月4日 
 先週に比べると、つぼみも花も一気に増えました。
春先の低温による生育の遅れも、ここのところの晴天でだいぶ回復しているようです。
定期観光バスツアーのボランティアガイドの話によれば、今のところは二分咲きとのこと。
今週末にはたくさんのニッコウキスゲの花を楽しむことができるでしょう。
ところどころ紫色のカキツバタも顔を覗かせています。
 
 
ようやくニッコウキスゲが咲はじめました
5月28日 
 4月の低温の影響か、昨年より約10日ほど遅い咲きはじめとなりました。
咲きはじめと言っても、湿原全体でまだほんの数本です。
つぼみも所々で見られますが、まだほとんどがつぼみ手前の状態です。
週末頃には、ほんの少しニッコウキスゲの群生を見られるかもしれません。