障害者総合支援制度

福祉制度案内

手帳をもらうまで

発達障がいの理解のために

福祉のしおり (PDF版)

トップページ > 障害者総合支援制度 > 地域生活支援事業(無料サービス)

地域生活支援事業

本事業の利用について介護保険等の対象となる方は、介護保険サービス等を優先的にご利用いただくことになります。

+++無料サービス+++

相談支援事業

 専門の資格を持った相談員が障害のある方や保護者からの相談に応じ、必要な情報の提供や助言、その他障害福祉サービスの利用支援や関係機関との連絡調整を行います。つがる市では、下記の4ヶ所の事業所に相談支援を委託しています。直接下記事業所にお申し込みください。
■身体障害者 【しあわせセンターうるしかわ】
五所川原市大字漆川字浅井122-1
TEL:34-7964
■知的障害者・障害児 【森田学園】
つがる市森田町床舞鶴喰104-2
TEL:26-3100
■精神障害者 【地域生活支援事業所すみれ】
弘前市藤代2丁目11-6
TEL:0172-37-3422
■発達障害児(者) 【びーた支援センター】
五所川原市若葉3丁目4-3
TEL:33-0279

コミュニケーション支援事業(手話通訳者・要約筆記者の派遣)

 聴覚、言語機能、音声機能障害のため、意思疎通を図ることに支障がある障害者等に、手話通訳等の方法により、障害者とその他の者の意思疎通を仲介する手話通訳者等の派遣をおこないます。
派遣を希望される日の5日前まで(やむを得ない事情がある場合を除く)に福祉課(窓口、FAX、電子メールいずれも可)にお申し込みください。

移動支援事業

■個別支援
 屋外での移動が困難な方に、地域における自立生活及び社会参加などで外出する際の移動の支援を行います。
 介護保険や介護給付による移動支援が受けられる方はそちらをご利用ください。通院の場合は、介護保険が受けられる方は、介護保険から受けて下さい。それ以外の方は、障害福祉サービスの居宅介護(通院介助)から受けて下さい。官公署での公的手続き若しくは障害者自立支援法に基づくサービスを受けるための相談に係る移動支援は障害福祉サービスの居宅介護からとなります。
 個別支援の利用回数は障害者等1人あたり月2〜4回を限度とし、交通費等移動に要する経費は、利用者等が直接負担するものとする。

■グループ支援 
 地域活動支援センターへの通所支援

地域活動支援センター事業

 障害のある方を通わせ、創作活動、生産活動または社会交流の機会を提供します。

更生訓練費給付事業

 就労移行支援事業又は自立訓練事業を利用している者及び身体障害者更生援護施設(身体障害者療護施設を除く。)に入所している者に更生訓練費を支給します。(ただし、定率負担に係る利用者負担額の生じない者、又はこれに準ずると市が認めた者に限る。)

知的障害者職親委託制度

 知的障害者を一定期間、知的障害者の更生援護に熱意を有する事業経営者等の私人(以下「職親」という。)に預け、生活指導及び技能修得訓練等を行う。

生活支援事業

 他の市町の地域活動支援センターを利用し、障害者に対して、日常生活上必要な訓練、指導等を行う。

点字・声の広報等発行事業

 文字による情報等が困難な障害者のために、音声訳の方法により地域生活をするうえで必要な、「広報つがる」「つがる市議会だより」を定期的に提供する。

自動車運転免許取得・改造助成事業

 普通自動車免許の取得に要した費用及び身体障害者が自ら所有し運転する自動車を改造することに要する経費の一部を助成する。

手話奉仕員養成事業(五所川原市と合同開催)

 聴覚障害者に関連する知識と、日常会話に必要な手話表現技術を習得した手話奉仕員を養成します。

有料サービス