つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ つがる市情報 > 人事・給与 > 平成29年度つがる市職員採用試験案内


平成29年度 つがる市職員採用試験案内 
  ( 平 成 3 0 年 4 月 採 用 )
〔受 付 期 間〕 平成29年7月4日(火)〜8月4日(金)
 
〔第一次試験〕
 
   【一般事務、土木、建築】 
       試験日 : 平成29年9月17日(日) 午前9時 
       会  場 : つがる市生涯学習交流センター「松の館」
   
    【消   防】  
         試験日 : 平成29年9月17日(日) 午前9時 
       会  場 : つがる市消防本部
   
     【学 芸 員】
              書 類 審 査 
   
                  
  受験申込書ダウンロードはこちらから>   ・ 受験申込書(PDF)
 
                                ・ 受験票(PDF)
 
  ・ 採用試験案内(PDF)

1 採用予定人員及び職務の内容
試験職種 採用予定人員 受験資格
上級一般事務 17人程度 市長部局等において一般事務に従事します。
初級一般事務
上級土木 1人程度 市長部局等において一般事務及び土木技術の専門的業務に従事します。
初級土木 
上級建築 1人程度 市長部局等において一般事務及び建築技術の専門的業務に従事します。
初級建築 
消防A 3人程度 消防部局において火災や災害に対処や予防に関する業務等に従事します。
 
消防B
学芸員(考古学) 1人程度 市長部局等において一般事務及び学芸員の専門的業務に従事します。
 
2 受験資格
試験職種 受験資格
上級一般事務 昭和63年4月2日以降に生まれ、大学卒業以上の学歴を有する者(平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)
初級一般事務 昭和63年4月2日以降に生まれ、短期大学若しくは高等専門学校又は高等学校卒業の学歴を有する者(いずれも平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)
上級土木 昭和58年4月2日以降に生まれ、大学卒業以上の学歴を有する者(平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)で、土木に関する専門課程を修めて卒業した者又は卒業見込みの者
初級土木 昭和58年4月2日以降に生まれ、短期大学若しくは高等専門学校又は高等学校卒業の学歴を有する者(平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)で、土木に関する専門課程を修めて卒業した者又は卒業見込みの者
上級建築 昭和58年4月2日以降に生まれ、大学卒業以上の学歴を有する者(平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)で、建築に関する専門課程を修めて卒業した者又は卒業見込みの者
初級建築 昭和58年4月2日以降に生まれ、高校卒業以上の学歴を有する者(平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)で、建築に関する専門課程を修めて卒業した者又は卒業見込みの者
消防A 平成4年4月2日以降に生まれ、大学卒業以上の学歴を有する者(平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)
消防B 平成4年4月2日以降に生まれ、短期大学若しくは高等専門学校又は高等学校卒業の学歴を有する者(いずれも平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)
学芸員(考古学) 昭和53年4月2日以降に生まれ、大学卒業以上の学歴を有する者(平成30年3月までに卒業する見込者を含む。)で、博物館法第5条に規定する学芸員の資格を有する者又は資格取得見込みの者
   
     
(1) 共通事項
上級一般事務、上級土木、上級建築、消防A、学芸員の受験資格を有する者は初級一般事務、初級土木、初級建築又は消防B試験を受験できません。
高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者は初級一般事務、初級土木、初級建築又は消防B試験を受験できます。
活字印刷文による出題に対応できる者及び口頭での面接に対応できる者に限ります。
   
(2) 一般事務、土木、建築 
身体に障害がある者でも、自力で通勤ができ、かつ、介助者なしで職務の遂行が可能であれば受験できます。
※詳細については、事前にお問合わせください。
 
   
(3) 消防 
普通自動車運転免許一種(オートマチック車限定を除く)以上を取得している者(取得予定の者を含む。) 
身体強健で、男性は身長おおむね160p以上、体重おおむね50s以上、女性は身長おおむね155p以上、体重おおむね45s以上で男女とも視力は矯正視力を含み、両眼で0.7以上、かつ、一眼で0.3以上、赤色、青色及び黄色の色彩の識別ができ、左右の聴力とも正常である者  
採用後、つがる市内または近郊に住居することができ、勤務に支障がないこと。 
 
(4) 受験できない者
日本の国籍を有しない者
地方公務員法第16条に規定する次の欠格条項のいずれかに該当する者
@ 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
A 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
B つがる市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
C 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

3 試験の日時、場所及び合格発表
【一般事務、土木、建築】
区分 日 時 場 所 合格発表
第一次試験  平成29年9月17日(日)
 (午前9時)
つがる市生涯学習交流センター「松の館」

 住所:つがる市木造若緑52
 電話:0173−49−1200
10月中旬
第二次試験  平成29年10月下旬
 (予   定)
つがる市役所 3階会議室 11月中旬
 
【消  防】 
区分 日 時 場 所 合格発表
第一次試験  平成29年9月17日(日)
 (午前9時)
つがる市消防本部

 住所:つがる市木造赤根1−1
 電話:0173−42−2105
10月中旬
第二次試験  平成29年10月下旬
 (予   定)
つがる市役所 3階会議室 11月中旬
 
【学芸員】 
区分 日 時 場 所 合格発表
第一次試験  ※書類審査  ※書類審査 10月中旬
第二次試験  平成29年10月下旬
 (予   定)
つがる市役所 3階会議室 11月中旬
各職種の合否の結果は、全受験者に直接通知するほか、つがる市役所1階掲示板及びつがる市ホームページに合格者の受験番号を掲示します。


4 試験の方法及び内容
【一般事務、土木、建築】
区分 種目 試 験 内 容
第一次試験     教養試験 社会、人文及び自然に関する一般知識並びに文章理解、判断推理、数的推理及び資料解釈に関する一般知能(40題、2時間)
事務適性検査 事務職員としての適応性について、正確さ、迅速さ等の作業能力の面から検査(100題、10分)
専門試験
(初級一般事務は除く)   
上級一般事務 政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、経済学、財政学、社会政策及び国際関係の分野からの出題による試験(40題、2時間)
上級土木 数学・物理、応用力学、水理学、土質工学、測量、土木計画(都市計画含む。)、土木施工(30題、2時間) 
初級土木  数学・物理・情報技術基礎、土木基礎力学(構造力学、水理学、土質力学)、土木構造設計、測量、社会基盤工学、土木施工(30題、1時間30分)
上級建築  数学・物理、構造力学、材科学、環境言論、建築史、建築構造、建築計画、(都市計画、建築法規を含む。)、建築設備、建築施工(30題、2時間) 
初級建築技術職  数学・物理・情報技術基礎、建築構造設計、建築構造、建築計画、建築法規、建築施工(30題、1時間30分)  
第二次試験  論文試験 職務の遂行に必要な識見、判断力、思考力、表現力等について一般的課題による記述試験を行います。(800字以内、1時間
面接試験 総合的な人格、見識、人間性について、個人面接により試験を行います。

【消 防】
区分 種目 試 験 内 容
第一次試験     教養試験 社会、人文及び自然に関する一般知識並びに文章理解、判断推理、数的推理及び資料解釈に関する一般知能(40題、2時間)
消防適性検査 消防職員としての適応性を、性格的な面から検査を行います。(120題、20分)
体力検査  職務遂行に必要な体力を有しているかどうか判定します。
第二次試験  論文試験 文章による表現力、課題に対する理解力などについて一般的課題による記述試験を行います。(800字以内、1時間
面接試験 総合的な人格、見識、人間性について、個人面接により試験を行います。

【学芸員】
区分 種目 試 験 内 容
第一次試験     書類審査 提出書類による受験資格の確認及び専門分野に対する理解力などについて判定します。
第二次試験  論文試験 文章による表現力、課題に対する理解力などについて一般的課題による記述試験を行います。(800字以内、1時間
面接試験 総合的な人格、見識、人間性について、個人面接により試験を行います。

5 受験手続
 (1)受験申込書の請求
 
  つがる市総務部総務課、稲垣出張所、車力出張所、つがる市出張所、つがる市消防本部(消防職のみ)で配付します。(つがる出張所は土曜日、日曜日及び祝日も午前10時から午後7時の間)で配付します。
  郵送で請求する場合は、返信先を明記した返信用封筒(120円切手を貼ったA4版サイズのもの)を同封し、郵送用封筒の表に「受験申込書請求」と朱書きの上、つがる市総務部総務課へ請求してください。郵送による請求は、7月28日(金)必着分まで受け付けします。
  ホームページからダウンロード可能です。
(このページ上のリンクからダウンロードできます。)

 
 (2)申込方法
 
  受験申込書に必要な事項を記入してください。
同一の顔写真(縦4p×横3p)を2枚用意し、裏面に氏名を記入した後、1枚は受験申込書に貼り付け、もう1枚は後日郵送される受験票(申込時は貼付不要)に貼ってください。
写真が貼られていない場合は、受験できませんのでご注意ください。
  受験票には試験職種・氏名を記入し、切り取り線に沿って切り取り、はがきの裏面に貼ってください。はがきの表面には送付先となる住所、郵便番号及び氏名を記入してください。(私製はがきの場合は62円分の切手を張ったものに限る。)
  受験申込書と受験票を「つがる市総務部総務課」に提出してください。
  学芸員を受験する者は、研究論文若しくは専門分野に関する研究内容や考え方をまとめたもの(2000字以内、様式任意)を提出してください。また、既に学芸員の資格を有する者は資格取得証明書の写しを併せて提出してください。 
  郵送で申込書を提出する場合は、郵送用封筒の表に「試験申込」と朱書きをして、必ず特定記録郵便または簡易書留郵便、「つがる市総務部総務課」へ郵送してください。 
 
 (3)受付期間
 
   平成29年7月4日(火)から8月4日(金)まで(ただし、土曜日、日曜日及び祝日は受け付けません。
 受付時間は午前8時30分から午後5時15分までです。
なお、郵送の場合は8月4日(金)必着とします。
 
 (4)受験票の交付
 
   受験票は、8月24日(木)ころに発送します。9月1日(金)までに届かない場合は、至急総務課までご連絡ください。
 帰省等による行き違いがないよう、受験票の宛先は確実に受領できる住所を記入してください。 
 
6 合格から採用まで
 最終合格者は、平成30年4月1日採用予定です。消防職採用者は採用後、青森県消防学校で研修を受けることとなります。
 卒業見込みの者で卒業できなかった場合、資格取得見込みの者で資格を取得できなかった場合は採用されません。
 採用までに公務員としてふさわしくない行為があった場合には、採用されない場合があります。
 

7 試験結果の開示
 この採用試験の結果については、つがる市個人情報保護条例第16条第3項の規定により、口頭で開示を請求することができます。
 なお、電話、はがき等による請求はできませんので、受験者本人が受験票又は本人であることを証明する書類(運転免許証、パスポート、学生証等)を持参の上、午前830分から午後515分までの間に総務課に直接おいでください。(ただし、土曜日、日曜日及び祝日は受付けません。)
開示請求できる人 開示内容 開示期間 開示場所

第一次試験
不合格者

総合順位
総合得点

合格発表の日から
1ヶ月間

つがる市
総務部総務課
(市庁舎2階)

第二次試験
受 験 者

総合順位

8 給与・勤務条件等(平成29年4月1日現在)
(1)初任給 上級行政職    月額178,200円(大学新卒者の場合)
初級行政職    月額146,100円(高校新卒者の場合)
消防職(大卒)  月額171,600円(大学新卒者の場合)
消防職(高卒)   月額150,700円(高校新卒者の場合)
学芸員      月額183,000円(大学新卒者の場合)
※職務経験等がある場合、一定の基準により増額されることもあります。
(2)諸手当 6月、12月に期末・勤勉手当が、11月から3月までは寒冷地手当が支給されます。
また、それぞれの条件を満たした場合、扶養手当、住居手当、通勤手当等が支給されます。
(3)勤務時間 原則として、月曜日〜金曜日  午前8時30分〜午後5時15分
ただし、消防職においては深夜の時間を含む交代制勤務があります。
(4)休暇制度 年次有給休暇(年20日(4月1日採用の場合は、採用の年に限り15日)、病気休暇、特別休暇等

8 その他
 その他詳しいことは、つがる市役所総務部総務課へお問い合わせください。

  <所在地> 〒038−3192 青森県つがる市木造若緑61-1
  <電 話>  0173−42−2111  内線343
  <ホームページ・アドレス> http://www.city.tsugaru.aomori.jp/

 
【受験上の注意】 
1. 

受験の際は、「受験票」を必ず持参し、試験会場内の受付にて提示してください。
また、「受験票」は、一次試験、二次試験の際、ともに必要となりますので、大切に保管してください。 

2.  受験者は、試験開始15分前までに試験室に入室し、受験票の受験番号によって指定された机に着席し、受験票を机の上に置いてください。 
3.  遅刻、病気欠席等による追試験等の制度はないので、遅刻しないように十分注意するようにして下さい。特に、天候等の事情により交通機関の遅れが生ずるおそれのあるときは、十分余裕を持って試験会場にお出かけください。 
4.  災害や事故等による交通機関の全面的混乱が発生した場合は、試験開始時間の繰り下げ等緊急の措置をとることがあります。
5.  試験時間中、机上に置けるものは、受験票、筆記用具のみです。これ以外のものは、机上に置かないでください。 
6.  受験者は、試験開始後1時間及び試験終了前10分間において、試験室を退室することができません。
ただし、体調不良やトイレ等やむを得ない場合には、一時退室を認めることがあります。

なお、一時退室が認められた場合でも、休養室などでの受験はできません。また、一時退室した分の試験時間の延長も認められません。
7.  試験中に不正な行為をした者及び監督者の指示に従わない者は、受験資格を失うことになります。 
8.  教養試験、適性検査、専門試験(上級一般事務、上級・初級土木、上級・初級建築で実施)、論文試験、面接試験の一部でも受けない者は、採用の選抜対象から除かれることになります。 
9.  試験当日持参するもの
(1)上級・初級一般事務、上級・初級土木、上級・初級建築、消防 
受験票(受験申込書に貼った同一の写真を貼ること) 
本人確認をするので、本人であることを証明する書類(運転免許証、パスポート、学生証等)を持参し、受付に提示してください。 
筆記用具
昼食(初級一般事務を除く。) 
 (2)消防
運動のできる服装
 内履き用運動靴

アクセスマップ(一次:松の館)(二次:市役所)

問い合わせ・
受験申込書請求・
受験申し込み先
   つがる市総務部総務課

  〒038-3192 つがる市木造若緑61−1
  電話 0173−42−2111(内線343)