つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ 市民の窓口犬の登録等について > 犬の登録及び狂犬病注射等に関する案内


■犬の登録について(生涯1回です)

 狂犬病予防法(第4条)により、犬の所有者は、犬を取得した日から30日以内に居住している市町
村に犬の登録を申請し、年1回予防注射を受けさせることが義務付けられています。
 犬を飼って、まだ登録されていない方や新しく犬を飼う方は、市役所環境衛生課の窓口で登録して
ください。
 また、狂犬病予防注射はワクチンの免疫維持期間が1年しかありませんので、毎年1回必ず受けま
 しょう。
登録手数料  …(1頭につき)3,000円
 ※「鑑札」が交付されます。
   鑑札には登録した自治体と、犬の固有番号が
  表記されており、犬が全国のどこで保護されて
  も飼い主がわかるようになっていますので、必
  ず犬につけてください。
狂犬病予防注射済票交付手数料
       …(1頭につき)550
狂犬病予防法
第4条 犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合にあつては、生後90日を経過した日)から30日以内に、厚生労働省令の定めるところにより、その犬の所在地を管轄する市町村長(特別区にあつては、区長。以下同じ。)に犬の登録を申請しなければならない。ただし、この条の規定により登録を受けた犬については、この限りでない。

■登録内容の変更

    犬の譲渡などによる飼い主の変更や住所変更のほか、犬の名前変更など登録した内容に変更が生じた
 場合には、市役所環境衛生課の窓口へ届け出てください。
(無料)

■狂犬病予防集合注射の実施について

  市では、毎年4〜5月と9〜10月に市内の各会場で接種を実施していますので、最寄りの会場へお出かけください。
  なお、日程の都合がつかない場合は、市内等の獣医師により接種してく
 ださい。
  日程等についてはこちら>>狂犬病予防注射の日程

  ※集合注射会場では、登録・死亡・変更の受付も行います。
 ※注射料は3,100円です。費用は会場で徴収しますので、つり銭の
  ないようご協力をお願いします。
狂犬病予防法
(予防注射)


第5条 犬の所有者(所有者以外の者が管理する場合には、その者。以下同じ。)は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない。

■転入・転出等

  つがる市以外で登録した犬をつがる市で飼う場合(転入)は?
   ・他市町村で交付された「鑑札」及び直近に交付された「狂犬病予防注射済票」を持参し、市役所
    環境衛生課の窓口へ届け出てください。
(無料)

   つがる市で登録した犬をつがる市以外で飼う場合(転出)は?
     ・新しくお住まいになる市町村に、つがる市で交付された「鑑札」及び直近に交付された「狂犬病
    予防注射済票」を持参し、届け出てください。
(無料)
 
  
※「鑑札」及び「狂犬病予防注射済票」を紛失した方は、市役所環境衛生課の窓口で申請してくだ
さい。
 
    
鑑札再交付手数料 …(1頭につき)1,600
       狂犬病予防注射済票再交付手数料 …(1頭につき)340


■飼っている犬が死亡した場合

  登録した犬が亡くなった場合には、お手持ちの「鑑札」と「狂犬病予防注射済票」をご持参の上、市
 役所環境衛生課の窓口へ届け出てください。(無料)

  亡くなった犬を火葬する方は、以下のとおりとなります。
  @ 市役所環境衛生課の窓口で「斎場使用許可申請書(小動物用)」を提出してださい。
   (日・祝日の場合は、日直の職員が対応します。土曜日は小動物の火葬は休場です。)
  A 使用料を支払い、「斎場使用許可書(小動物用)」を受け取り、斎場にお持ち込みください。
    なお、人体火葬が優先されますので、すぐには火葬できない場合もあります
  ※ 焼骨を引き取ることもできますので、希望する方は事前にお知らせください。


■つがる市斎場のご案内

所在地 つがる市木造下福原篠原116−33  電 話 42-6199
受 付 市役所環境衛生課(午前8時30分〜午後5時15分) 電 話 42-1110
休場日 1月1・2日及び8月14(小動物の火葬は毎週土曜日も休場)
使用料 市内飼養者   8,000
市外飼養者 13,000
n20080201
アクセスマップ 


大きな地図で見る







【問い合わせ先】 市役所 環境衛生課  電話42-1110