つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ 施設利用の手引き > カルコ



つがる市縄文住居展示資料館 カルコ
住 所:青森県つがる市木造若緑59-1

電 話:0173-42-6490

■施設概要

・開館時間 午前9時〜午後4時
・休館日 月曜日、祝日の翌日、
年末年始(12月29日〜1月3日)
・観覧料
  個人 団体(15人以上)
小・中学生 50円 一人につき 20円
高校・大学生 100円 〃    50円
一  般 200円 〃   100円
資料館内
復元家屋 復元家屋の内部
遮光器土偶
 明治20年に亀ヶ岡遺跡から出土したもので高さ34.5p、胴体からすぐ頭部で、非常にデフォルメされた目は北の民族が使うサングラスに似ているため遮光器土偶と名付けられ、昭和32年国指定重要文化財に指定され文化庁が所有しております。その異様な形、驚くほどの精緻さ、赤く彩色されていた事、見つめるほどに私たちを古代のロマンに導きます。
藍胎漆器

 竹、樹皮等を編み、麻布を貼り付け漆を塗った皿状のものに赤漆で模様が描かれており、漆文化をもっていた縄文の人々の知恵に驚きます。
土偶頭部

 髪を結い上げている女性の土偶頭部で縄文の人々も美へのあこがれをもっていたことがうかがえます。
注口土器

 注ぎ口が付き、液状のものを注ぐのに使用しました。

 
壺型土器

 土器全体が赤色の顔料で彩色されています。縄文人のすぐれた色彩感覚がうかがわれます。
 

■アクセスマップ



大きな地図で見る