つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ 教育・スポーツ > スポーツ > スポレクあおもり2007

ゲートボール
■ゲートボールとは

 ゲートボールとは、日本人により考案されたスポーツで、15m×20mと20m×25mの2種類のコートで競技されます。コート内には3個のゲートと1本のゴールポストが設置され、打者は競技規則に従って各ゲートを通過させ、ゴールポールに当てる(上がりという)ことを競います。

 5人対5人のチーム対抗形式をとっていて、赤(奇数)白(偶数)に分かれ、30分の競技時間内に1番から10番まで順次打撃し、チームの総得点で勝負を決します。
■実施要項

 実施要項(PDF:137KB)はこちら>>>
■競技のみどころ

 千変万化する戦況の中で、監督と主将は自チームを優位に運ぶため、知恵(作戦)を絞り、打者はいかに正確なボールコントロールで呼応するかのチーム戦です。
技術力が高度になった昨今、一球のミスが敗因となることが多々見られます。県の期待を背負い、一球入魂の集中プレーが随所に展開される様子は必見に値するでしょう。
■大会日程(予定)
922日( 923日( 924日(



第20回全国スポーツ・レクリエーション祭ゲートボール場(コートの様子)

(全景)
※つがる地球村ゲートボール場は、土(細かい砕石)を使用しています。