つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ トピックス > 11月のトピックス

トピックス記事一覧

平成20年11月24日(月) つがる市読書まつり
 11月24日、地域における読書活動の推進を高めようと「平成20年度つがる市読書まつり」が稲垣交流センターで行われ、多くの親子が参加しました。
 児童図書や絵本を揃えた「ミニとしょかん」のコーナー、地域の読書関係5団体による、読み聞かせやペープサート・絵本を作るなど、子どもたちは楽しんでいました。
車力村読書サークル 森田小学校読み聞かせボランティア
おはなしサークル「おひさま」 野花菖蒲の会 稲垣読書愛好会

平成20年11月20日(木) 健康長寿 満100歳おめでとう
 11月20日、桑寿園で永田そよさんが満100歳を迎え、そよさんの家族や園の職員・入所者全員で長寿を祝いました。
 顕彰状や記念品、花束を贈られたそよさんは終始笑顔で、お祝いのケーキに飾られたロウソクの火を消すなど、元気な姿を見せていました。
 長生きの秘訣は歩くことだそうで、80歳まで社交ダンスを踊ったり、海外旅行に行くなど、現在も足腰の丈夫さが自慢のようです。
 
顕彰状を贈呈され喜ぶそよさん 入所者の皆さんに祝福され入場

平成20年11月16日(日) つがる市農産物フェア
 市の農産物や加工品などを販売する農産物フェアが11月16日、木造体育センターにおいて開催されました。
 会場には約3千人の買い物客が訪れ、市特産のナガイモやゴボウ、加工品のドーナツや豆腐などを買い求めていました。
 また、魚釣りやもちつきなどの多彩なイベントも行われ、子どもたちも大いに楽しんでいました。
 魚釣りでカレイをゲット    お汁粉がふるまわれた餅つき

平成20年11月15日(土)・16日(日) 木造西中・館岡中で閉校式
 木造西中学校・館岡中学校(ともに木造)において、それぞれ15日・16日に閉校式が行われました。
 木造西中生徒会長の吉田康祐君は「43年間ぼくらを見守ってくれた西中ありがとう、さようなら」と感謝の言葉を述べ、また館岡中生徒会長の成田留衣さんが「館中生としての誇りと伝統を忘れず、これからの人生に生かします」と述べました。

 木造西中は43年間、館岡中は62年間の歴史に幕を下ろし、両校は来年4月から木造中と統合して新たな木造中学校として生まれ変わります。
 
 校歌を斉唱する木造西中の生徒
(15日)
 リコーダー演奏に合わせて思い出を語る館岡中の生徒(16日)

平成20年11月8日(土) 木造中学校閉校式典
 木造中学校において11月8日、統合に伴う閉校記念式典が行われ、全校生徒410人をはじめとして来賓、保護者ら合わせて580人が出席しました。
 式典では三浦正人校長が「木造中の歴史と伝統がいつまでも心の中に行き続けることを願っています」と挨拶し、生徒会長の工藤翔君は「校舎が変わっても、木造中の名前が心の中から消えることはないだろう」と思い出のことばを述べました。
 同校は来年4月から木造西中、館岡中と統合し、新たな木造中学校として生まれ変わります。
校歌を斉唱する生徒たち 生徒会長の工藤翔君

平成20年11月5日(水) 木造西幼稚園の園児が市役所を訪問
 11月5日、木造西幼稚園の園児39人が勤労感謝の日を前に市役所を訪れ、「毎日のお仕事ご苦労様です。これからも頑張ってください」とお花や手作りカレンダー、元気な歌をプレゼントしました。

 プレゼントを受け取った成田収入役は、「とても上手なお歌、ありがとうございます。いただいたお花を見ながらお仕事を頑張りますので、皆さんも先生の言うことをよく聞ききましょうね」とお礼を述べていました。