つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ トピックス > 7月のトピックス

トピックス記事一覧
平成21年7月26日(日) 第5回 つがる市花火大会

超特大スターマイン
 つがる地球村(森田)において26日夜、第5回つがる市花火大会が行われました。
 オープニングでは花嵐桜組や知求群会(ちきゅうむらかい)による見事なよさこい演舞が披露され、市内外から訪れたたくさんの観客が見入っていました。
 1,200発の花火のフィナーレを飾る超特大スターマインが打ち揚げられると大きな歓声が上がり、つがるの夏の夜空に綺麗な大輪が咲いていました。  
 
花嵐桜組と知求群会のコラボレーション 来場者で埋め尽くされた会場の様子
平成21年7月23日(木) 県内一早いネブタの出陣!
 県内で一番早い出陣となるつがる市ネブタまつりが始まりました。

 今年は市民誰もが参加できる「市民ネブタ」が加わり、例年以上に盛り上がりを見せています。

 この日松の館駐車場で行われた出陣式ではネブタの審査が行われました。

    2009ネブタ・動画はこちら>>
市民ネブタ「亀ヶ岡浪漫」 かわいいつがーるちゃんも登場!
平成21年7月22日(水) つがる市で見る「部分日食」
約3割ほど欠けた日食の様子  7月22日午前11時頃、つがる市役所から「部分日食」を見ることができました。

 鹿児島県などでは46年ぶりに国内の陸地で「皆既日食」が観測できるということもあって注目されていた今回の日食ですが、天候不良のため太陽が見える地域は少ないだろうとされていました。

 つがる市もこの日は朝から曇り空で、日食を見るのは無理かと思われましたが、10時頃になると雲の合間に太陽が見え始め、11時頃から「部分日食」を観測することができました。

市役所から見えた部分日食
平成21年7月20日(月) 有楽町でジャズを聴きながらホコ天
人でにぎわう有楽町商店街  木造の有楽町(うらくまち)商店街で20日、ジャズを聴きながら歩行者天国を楽しむイベントが開催されました。

 イベントを企画したのは有楽町商店街の若手店主たちで、沿道にはジャズストリートライブやフリーマーケット、抽選会などが行われるなど商店街は活気にあふれていました。

 また、午後7時半からはセッションライブも開催され、多くのジャズファンが沿道を埋め尽くしていました。

夜の商店街通りで歌うジャズバンド
人でにぎわう有楽町商店街 夜のジャズはムード満点!
平成21年7月17日(金) 屏風山のあま〜いメロンはいかが?
直売所でメロンを試食  今年もメロンやスイカのおいしい時期がやってきました。

 メロンロード沿いにある直売所ではタカミメロンやビレンスメロンなどが所狭しと並べられ、試食した客が「あめくてめ〜じゃ〜(甘くてうまいなあ)」と絶賛していました。

 今の時期はお中元など、親戚や友人へのご贈答用にも喜ばれるかと思います。

 9月上旬まで販売しているそうですので、是非一度足を運んでみてください。

 販売時間:朝6時〜夕方6時
       (お店により異なります)
試食用メロン
常連のお客様もお目見え 是非、味見してみてください!
平成21年7月3日(金) 第59回社会を明るくする運動 市民集会
鼓笛演奏をする柏第一保育所の園児
 「人は変われる。一緒なら。」のテーマで「第59回社会を明るくする運動」が7月3日、松の館で開催され、市民ら約400人が参加しました。

 市民集会では、穂波小学校の鎌田和君(6年)が「明るい笑顔でいっぱいのつがる市になるよう頑張ります」と誓いのことばを述べました。

 また、昨年のつがる市少年防犯弁論大会で入賞した車力中学校の成田茉優さん(2年)の作文発表や柏第一保育所の園児による鼓笛演奏、手話サークル「カッコウ」と瑞穂小学校の児童による催しなど集会は盛り上がりました。
誓いの言葉を述べる鎌田和君
鼓笛演奏をする柏第一保育所の園児 誓いのことばを述べる鎌田和君