つがる市情報市民の窓口福祉・医療保険と税金教育・スポーツ観光・歴史・文化環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道建設・工事 サイトマップ トップページ


■ トピックス > 7月のトピックス

トピックス記事一覧
平成23年7月28日(木)〜30日(土)   つがる市ネブタまつり
 

流し踊りがまつりを彩る
 つがる市ネブタまつりが7月28日から30日まで3日間の日程で開催されました。

 28日は出陣式、ネブタ審査が行われ、12台のネブタが勇壮な姿を披露。29日・30日は合同運行、また29日には喧嘩太鼓の競演も行われました。津軽の夜空に迫力ある太鼓や笛、鉦の音が鳴り響き、躍動感あふれる踊りが観客を沸かせていました。

<写真はクリックで拡大できます>

ネブタ大賞「水滸伝 地獄廻り」

力強く太鼓を叩く子どもたち

熱気あふれる喧嘩太鼓の競演

心ひとつに囃子を披露
 
平成23年7月20日(水)   願いを込めて灯ろう流し

古田川をゆっくり流れる灯ろう
 水虎大明神がまつられている木造千年のほこらで7月20日、宵宮が行われました。

 30年ほど前から行われている“灯ろう流し”は家内安全、無病息災などと書かれた灯ろうがゆっくりと古田川を流れ、辺りは幻想的な雰囲気に包まれていました。
 また、かっぱ広場周辺には金魚すくいなど多くの露店が軒を連ね、ゆかた姿も見られました。


露店で遊ぶ子どもたち
 
平成23年7月7日(木)   柏第二保育所 七夕会
 

元気よく歌う園児たち
 7月7日、柏第二保育所で七夕会が開かれました。

 園児31人は七夕の話を聞いた後、童謡「たなばたさま」を歌い、織姫と彦星についてのクイズにも挑戦しました。年長組の工藤祥太君は「消防士になりたいと願いごとをした」と話していました。

 また、この日は柏中学校の3年生3人が職場体験で同保育所を訪れ、園児たちと一緒に七夕会を楽しみました。

園児たちとふれあう柏中学生
 
平成23年7月1日(金)   第61回社会を明るくする運動 市民集会
 

誓いのことばを述べる福島さん
 第61回社会を明るくする運動が7月1日、松の館で開催され、市民ら約400人が参加しました。

 市民集会では福島永子さん(瑞穂小5年)が「つがる市が心も体も元気な子どもたちでいっぱいになるように頑張ります」と誓いのことばを述べました。

 また、昨年の社会を明るくする運動作文で入賞した秋田谷和夏さん(車力中1年)と玉澤愛さん(柏中2年)が作文を発表し、最後に育成小学校による三方荒神鹿島獅子の演舞が披露されました。

迫力ある踊りを演ずる三方荒神鹿島獅子