つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ トピックス > 7月のトピックス


トピックス記事一覧
平成24年7月26日(木)〜28日(土)   つがる市ネブタまつり
 

息の合った囃子を響かせる
 
 県内のねぶた祭りの先陣を切って、つがる市ネブタまつりが7月26日から28日までの3日間の日程で開幕しました。
26日の出陣式には人形ネブタ9台、扇ネブタ3台、計12台の勇壮なネブタが出陣。津軽の夜空に迫力ある太鼓や笛、鉦の音が鳴り響き、躍動感あふれる踊りが観衆を沸かせていました。審査の結果「柏ネブタ会」が栄えあるネブタ大賞に輝きました。
27日・28日には合同運行が行われる予定です。
  

 華やかな流し踊りを披露
 
勇壮なネブタが観衆に迫る

ネブタ大賞に選ばれた柏ネブタ会

 多くの市民らで賑わう
 
平成24年7月23日(月)   つがるブランドメロン出荷式
 

メロンをほおばる園児たち
 
 7月23日、つがるにしきた農協越水支店で、つがるブランド認定メロンの初出荷式が行われました。
 この日出荷されたのは、市独自の栽培・出荷基準を満たした糖度15度以上のタカミメロン740ケース。
出荷式では、木造西幼稚園の園児がトラックのドライバーに花束を贈り、つがーるちゃんも駆け付けテープカットの後、関係者一同でトラックを見送りました。
  

 選果場ではとれたてのメロンを次々に箱詰め
 
つがるブランド認定シールを貼る福島市長ら

つがるブランドタカミメロン

 「おいしいメロンを届けてくださいね」と花束贈呈
 
平成24年7月11日(水)   亀ヶ岡公園植樹祭
 

植樹する園児たちと福島市長
 
 7月11日、つがる市観光協会による植樹祭が亀ヶ岡公園で行われ、同協会員や館岡保育園児ら約50人がツツジの苗木約120本を植えました。
 福島市長は「魅力ある公園を皆さんと一緒につくっていきたい。園児の皆さんは、自分の植えたツツジの毎年成長した姿を見に来てください」と述べると、園児たちは「きれいな花を咲かせてね」と声を掛けながら苗木に土を掛け、丁寧に植えていきました。
  
 
きれいな花が咲くことを願って植樹
 
平成24年7月9日(月)   もりた保育園子ども交通指導隊
 

もりた保育園子ども交通指導隊
 
 7月9日、もりた保育園で子ども交通指導隊の結成式が行われ、年長組の園児26人による「もりた保育園子ども交通指導隊」が誕生しました。
 つがる地区交通安全協会森田支部の工藤満支部長が制服姿の園児一人一人に委嘱状を手渡し、指導隊となった園児らは「交通ルールを守り命を大切にすることを誓います」と誓いの言葉を述べました。
   
 
交通安全を誓う園児たち
 
平成24年7月5日(木)   社会を明るくする運動
 

誓いの言葉を述べる太田さん(右)と新岡君
 
 7月5日、松の館で「第62回社会を明るくする運動」市民集会が開催されました。
 集会では、穂波小学校4年生の新岡廉君と太田若奏さんが「つがる市に住む一人として、地域の方々と一緒に毎日明るく生き生きと過ごせるようにします」と誓いの言葉を発表。社会を明るくする運動作文コンクールで青森保護観察所長賞に選ばれた長谷川彩香さん(木造中1年)が、作文「言葉の力」を読み上げました。   

県警音楽隊によるアトラクション