つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ トピックス > 8月のトピックス


トピックス記事一覧
平成28年8月26日(金)〜28日(日)  つがる市馬市まつり

馬ねぶた大賞
西津軽土地改良区
 8月26日〜28日の3日間にわたり、馬ねぶたパレードや新田火まつり、上原げんと杯争奪のど自慢大会、玉落競技大会、馬力大会などが開催され、多くの市民らが参加しました。
 また、市民イベント広場では、郷土芸能発表会やよさこい、アマチュアバンドフェス、のど自慢など多彩な催し物が行われ集まった多くの観衆を魅了しました。


      <2016馬市まつり様子>
馬ねぶた製作大賞
大畑ねぶた愛好会

仮装大賞
社会福祉法人 柏友会 桑寿園

馬力大会

 踊り大賞
知求群会
 
玉落競技大会

上原げんと杯争奪のど自慢大会

新田火まつり
 
平成28年8月26日(金)  つがる市馬市まつり開幕

まつりの開幕を告げる登山囃子
 つがる市最大のまつり「つがる市馬市まつり」が開幕しました。
 商工会館前では、開会セレモニーが行われたあと、登山囃子の演奏でまつりがスタート。
 会場には、各団体が工夫を凝らした馬ねぶたが展示され、集まった人々の目を楽しませていました。 まつりは28日(日)まで、さまざまな催し物が行われます。ぜひお越しください。

    <つがる市馬市まつりチラシ>
開会を宣言する福島市長
 
平成28年8月20日(土)  つがる市盆踊り大会

つがる市民音頭を披露するつがーるちゃん
 イオンモールつがる柏駐車場で「つがる市盆踊り大会」が開催され、約1,200人の市民らが交流と親睦を深めました。やぐらの上では、25団体が工夫を凝らした衣装で組み踊りを披露。やぐらの下では、大人も子供も二重三重の輪になって柏音頭などに合わせて心地よい汗を流していました。また、合併10周年を記念して作られた「つがる市民音頭」の踊りを連合婦人会がお披露目しました。 踊りを楽しむ参加者
 
平成28年8月15日(月)  つがる市成人式

式に参加する新成人
 平成28年度つがる市成人式が松の館で開催され、対象者334人のうち252人が出席し、大人としての新たな一歩を踏み出しました。 式では、新成人を代表して北澤壮平さんが「成人として確固たる自覚を持ち未来へと旅立つことを誓います。」と決意を述べました。真新しいスーツ姿や色鮮やかな振り袖姿などの新成人は、旧友と至る所で記念撮影し、再会を喜び合っていました。 決意を述べる北澤壮平さん

テーマを考案した成田春佳さんに記念品贈呈 

大人への第一歩がスタート

 旧友と記念撮影
 
平成28年8月11日(木)  メロン・スイカフェスティバル

人気の流しそうめん
 メロン・スイカフェスティバルが、つがる地球村で開催され、県内外から訪れた約6千人の家族連れが、つがる市の夏の味覚とさまざまな催しを満喫しました。
 会場では、出荷の最盛期を迎えているスイカの「縞王」や「タカミメロン」を市価よりも安く販売。用意されたメロン1400箱、スイカ250箱が完売となりました。
 特設ステージで行われたメロンスイカゲームやお笑いコンビ「どぶろっく」のお笑いオンステージのほか流しそうめんのコーナーなどが人気を集め、子どもたちの元気な歓声に包まれていました。
    
スイカの早食いチャレンジ

スイカの種とばし 

スイカを買い求める来場者

 北海道白老牛のバーベキューを堪能
平成28年8月7日(日)  チェスボローカップ水泳駅伝大会

大きな声援を送る観衆
 
 チェスボローカップ2016がマグアビーチ(富萢町)で開催されました。
 27回目を迎えた今年は県内外から参加した28チーム155人が熱戦を繰り広げました。
 大会終了後には、地元のメロンが振る舞われ、味を堪能しながら、交流を深めていました。


     <大会の結果>
力強く泳ぐ選手

次の泳者にタッチ 

大会終了後の記念写真
<拡大写真>

 オープンクラス優勝「ディスの極みめがね