つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ トピックス > 6月のトピックス


トピックス記事一覧
 
平成29年6月30日(金) メロンプランター設置 「メロンが育った姿を見に来て」

案内板
 市産メロンをPRする一環としてイオンモールつがる柏のダイソー入口付近にプランターメロンが展示されました。県内外からの来客者に、メロンの成長過程を見てもらい市産メロンに興味を持ってもらおうと、つがるブランド推進会議が主催。栽培管理は市農村青少年クラブ連絡協議会(4Hクラブ)の坂本新さん、新岡賢亮さん、高橋祐弥さんが行います。品種は主力のタカミメロン全30鉢。展示場にはスイカ3鉢も用意し、常時10鉢ほど入替しながら展示します。坂本さんは「メロンの表面が割れて網目が出来ていく様子をぜひ見に来てください」と話していました。8月中旬まで展示され、食べごろとなったメロンは、地元園児を交えて収穫する予定です。
メロンの花も観察できます

成長が楽しみです
 
4Hクラブのメンバー

ダイソー入口に展示
 
平成29年6月24日(土)・25日(日)  「かかし作りプロジェクト2017inつがる」

車力通信所の軍人と車力小の児童たち
  東北防衛局が主催するかかし作りに米陸軍車力通信所の軍人らが車力小学生児童とかかし作りを通じて交流を深めました。
児童29人と軍人ら12人が6チームに分かれ稲垣藁の会による実演を見ながら、わらを棒にまきつけけ頭や胴体などを作成、各チーム協力しアイディアあふれる作品にみんなで楽しく作り上げ個性を競っていました。作品はむらおこし拠点館「フラット」に7月28日まで展示され、コンテストも開催中。ぜひ、ご覧になって投票をお願いします。

稲垣藁の会による実演
 
児童29人と軍人ら12人が参加し交流
  
思い思いの衣装を着せた作品 
 
協力してかかし作りを制作する参加者 
 
平成29年6月23日(金)  植樹祭

植樹する福島市長と緑の少年のメンバー
 つがる市観光物産協会(川嶋大史会長)が主催する植樹祭が、つがる地球村のオートキャンプ場で開催されました。
 今年は同協会の会員と森田小学校緑の少年団員ら約50人が参加。二人一組になって、つつじの苗木50本を丁寧に植えました。開会式では、森田小4年生の神君と小田桐さんが「緑と親しみ緑を愛し、恵まれた自然を守っていきます。」と宣言しました。
宣誓する神丞之介君(左)と小田桐唯さん(右)
 
平成29年6月18日(日)  つがる市消防団定期観閲式

園児による機械器具点検
 つがる市消防団定期観閲式がイオンモールつがる柏で開催され、市内各地区の消防団員1141人が防火・防災訓練などを披露。観閲式では福島市長らによる視閲点検・機械器具点検、分列行進などが行われ、団員らは日頃の訓練の成果を発揮し、万が一の災害に備え、地域住民の安心・安全の確保に向け士気を高めました。また、昨年11月に結成されたラッパ隊の演奏や幼年消防クラブによる機械器具点検、放水訓練などを実演し、会場を大いに盛り上げました。
福島市長らによる視閲点検

幼年消防クラブ
 
白熱した球落とし競技

勇壮機械点検