つがる市情報市民の窓口保健・福祉・医療保険と税金教育・文化観光情報環境・ごみ・リサイクル入札・契約上・下水道住宅・土地農林水産業 サイトマップ トップページ


■ トピックス > 7月のトピックス


トピックス記事一覧
平成29年7月30(日) フラット夏まつり
チーム「ドラえもん」が金賞  むらおこし拠点館活性化協議会が主催の「フラット夏まつり」が行われ、市内外から大勢の家族連れなどが訪れ、賑わいました。会場では、よさこい「AOMORI花嵐桜組」の演舞や「楽歌声の会」の歌謡ショーなどが観衆を魅了。フリスビーゲームやビンゴゲーム、盆踊りに多くの来場者が参加し、まつりを楽しみました。また、6月24日、25日に行われた日米かかし共同制作コンテスト表彰式も行われ約700の投票の結果、チーム「ドラえもん」が金賞を受賞しました。

フリスビーゲームを楽しむ子どもたち
平成29年7月29日(土)〜30(日) つがる市立図書館1周年記念大感謝フェス

来館30万人目の亀川さん
 イオンモールつがる柏で1周年記念セレモニーやイベントが開催され、セレモニーでは30万人目の来館者となった亀川真都子さん(森田町)に、市長から記念品を贈呈。また、図書館の山下幸子業務責任者が市内小学生5人にスタッフシャツを送り、1日図書館スタッフに任命しました。5人は来客者の対応や本を書棚に戻す作業などを体験し、スタッフの大変さを実感しました。イベントでは、作家の竜門冬二さんの講演やグルメフェアなどが行われ多くの市民で賑わいました。
年間で31万793人の来館者を迎えています

笑顔で迎える5人。左から瓜田さん、山形君、木村さん、山崎さん、畠山さん
 

プレミアメロンの振る舞いが好評

向陽小学校読書部によるパネルシアター 
平成29年7月26日(水)〜28(金) つがる市ネブタまつり

踊り大賞に選ばれた木作町内会
 県内の先陣を切ってネブタまつりが開催され、11台の勇壮なネブタが夏の夜を彩ました。初日は市民イベント広場で出陣式を開催。各団体は、威勢のいい囃子と躍動感あふれる踊りを披露し、訪れた観客を魅了しました。27、28日は木造地区の中心商店街で合同運行が行われ、各団体が心を一つにした熱演に沿道の市民が拍手喝采を送っていました。
 <つがる市ネブタまつり2017>

囃子大賞に選ばれた柏ネブタ会
平成29年7月24日(月) 夏休み!市民プールに歓声響く

元気に泳ぐ地元小学生
 市内の小中学校が夏休みに入った724日、市民プール(旧柴田小学校プール)が解放され、待ち望んでいた地元小学生が集まりました。プール開き式では、葛西教育長が「夏休みはこれからです。どんどん友達を連れてきて一緒に泳いでください。ルールを守ってけがの無いように楽しみましょう」と挨拶。子どもたちは、教育委員会からのルール説明を聞き、しっかり準備運動をした後でプールへ突入。元気な声を響かせていました。
旧柴田小学校プール
平成29年7月24日(月) 大舞台で活躍を誓う

市長に勝利を誓い乾杯
 724日、県中学校体育大会などで優秀な成績をおさめた木造中学校の相撲部、陸上競技部、剣道部のメンバーと、わんぱく相撲つがる地区大会で優秀な成績をおさめた三橋条ノ真君(柏小5年)が市役所を訪れ、福島市長に全国大会での活躍を誓いました。福島市長は「それぞれの大会で精一杯がんばってきてください。優勝の報告を楽しみにまっています」と激励しました。 陸上競技部の佐藤亮輔君(3年)は「昨年の全国大会での経験を生かして、ベスト8を目指します」、三橋条ノ真君は「優勝目指して一戦一戦工夫してがんばります」と抱負を語りました。
前列左2人目三橋君、剣道部3人、陸上部佐藤君後列は相撲部
平成29年7月22日(土)・23日(日)  三新田まつり「元気ストリート2017」

商店街で大道芸を披露
  きづくり商店街振興会主催による「元気ストリート2017」が木造地区の有楽町、千代町商店街で開催されました。今年で9回目となるこの夜店まつりは、木造の夏の夜を彩る風物詩として定着しています。歩行者天国として開放された路上では、ダンスパフォーマンスやジャズ演奏、マジックなど多彩なパフォーマンスが繰り広げられ見物客を魅了。また、ビアガーデンや各種露店が連ね、多くの市民らで賑わっていました。渋谷省一会長は「にぎわいを商店街の活性化につなげられるよう、みんなで盛り上げていきましょう」と話していました。
五一高獅子舞同好会よるパフォーマンス
 
ダンスを披露する女舞姫のみなさん
  
ダンスをする姿がかわいらしい 
 
夜店まつりで賑わう商店街 
平成29年7月6日(木)  社会を明るくする運動

宣誓する對馬希実さん(左)と
古川大生君(右)
 第67回「社会を明るくする運動」市民集会が松の館で開催され市民ら約450人が犯罪や非行のない地域社会実現に向けた決意を新たにしました。集会では、瑞穂小学校5年の古川大生君と對馬希実さんが「地域の方々と一緒に毎日を明るく生き生きと過ごせるようにします」と宣言。瑞穂小6年の福士古都さんがコンテスト入賞作品を読み上げる姿が上映され、「犯罪・非行をなくす方法」と題し、毎日のあいさつ運動を通じて学んだことを発表。「あいさつや友達を土台に、子供の頃に社会のモラルを身につけることが必要」と来場者に伝えました。
作品を読み上げる姿を上映(福士古都さん)

演奏する県警音楽隊
演奏に合わせて歌とダンスを披露 県警音楽隊の奈良凪紗さん(木造高校卒)
平成29年7月6日(木)  つがる市メロンの日

直売所で特別価格1個666円で販売
 つがるブランド推進会議が7月6日を「つがる市メロンの日」と定め、市内の保育所や小中学校の給食に市産のメロン(タカミ)520玉を用意し、教職員も含め3,655人に振る舞われ、瑞穂小学校では、ランチルームに1年生と5年生76人が集合してみんなで甘いメロンを堪能。つがーるちゃんも登場し、メロンの日をPRしました。また、市内のスーパーや直売所11か所では、タカミを特別価格1個666円で販売。用意した約1,000玉が飛ぶように売れ完売する店舗も続く盛況ぶりでした。
完売する店舗もあり大盛況

つがーるちゃんも登場しメロンの日をPR

とても甘くおいしかったと喜んでいました

タカミメロンをほおばる子どもたち