廃校となった下繁田小学校の管理状況を教えてほしい

ご意見・お問い合わせ内容

下繁田小学校の校庭の「桜の木」についてですが、剪定等が手入れが全くされて無い様子ですね。以前は地域の施設の美観は地域で手入れしておりました。

閉校となっているとはいえ、地域の小学校は校庭も含め大事にすべき施設と思います。現在の管理状況とお手伝いできることなどお知らせ頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

回答

下繁田小学校は、稲垣小学校の開設に伴い平成21年3月をもって閉校いたしました。現在は、公共的な機能や行政目的を持たない財産として一般の財産とは区別して管理しております。これらの財産は本来であれば利用目的が喪失した時点で建物を解体し、更地にした上で保持すべきところでありますが、そのためには多額の工事費を要すること、施設の再利用の可能性も否定できないこと等の理由により、多くの廃屋を現状のままで保有している状況です。

当市では定期的に巡回し、限られた予算の中で建物の維持管理にあたっておりますが、 市内には統合により廃校となった小・中学校が数多く存在し、敷地内の立木、花壇、生垣の手入れや雑草の刈り払いといった建物管理に直結しない作業については、集落の中心部に位置する施設を優先的に実施しているのが現状です。従って、立地条件によって地域住民の生活に支障の無い限り実施されない施設もございます。

ご提言のとおり、地域住民の皆様が自発的に可能な範囲でボランティア活動として敷地内の環境美化作業をしていただけるのであれば、決してそれを妨げるものではありません。 その際は是非ご一報いただければ幸いです。(管財課)

この記事に関するお問い合わせ先

総務部秘書広報課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所2階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-3069

更新日:2018年07月31日