ひとり親家庭等医療費受給者証からひとり親の表示を外してほしい

ご意見・お問い合わせ内容

ひとり親家庭等医療費受給証は医療機関を受診する際には大変役立っておりますが、医療機関に対する「ひとり親」の告知は必要でしょうか。まだまだ世間はひとり親に偏見があるため、資格証からはひとり親の表示を外してほしいと思います。

回答

この制度は、市が実施主体として行っている事業ですが、県が補助・指導し、資格証の様式なども県から示されております。全国的にも名称は「ひとり親」となっておりますので市単独で変更はできない状況です。

また、医療費助成制度もこのほかに「乳幼児」「子ども」「重度心身障害者」などもありますので「ひとり親」の名称を外すことになれば、医療機関で混乱することが予想されます。各医療機関においても仕事上で知り得た情報を他に漏らしてはならない「守秘義務」があり、個人情報の取扱いには規定を定めるなど厳格に対処しているところです。

本件と同様の指摘・要望は何度か寄せられておりますので、県に対してこのような意見がありましたことを申し伝えます。(福祉課)

この記事に関するお問い合わせ先

総務部秘書広報課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所2階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-3069

更新日:2018年07月31日