五所川原保健所で、「帰国者・接触者相談センター」を設置しました(令和2年2月12日)

  新型コロナウイルス感染症について、青森県では医療体制として、「帰国者・接触者外来」と「帰国者・接触者相談センター」を設置しました。

  西北五地域については、五所川原保健所が「帰国者・接触者相談センター」を設置して「帰国者・接触者外来」への受診を調整することになります。

 

・ 住民の相談対応を行い、疑い例の定義(※)に該当する場合は、帰国者・接触者外来への受診調整をし、必要に応じて接触者調査や患者のフォロー等を行います。

・ また、疑い例の定義(※)に該当しない場合は、情報を提供し、かかりつけ医等一般医療機関を受診するよう指導します。

 

※ 疑い例の定義(令和2年2月7日時点)

1. 発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状を有している。

2. 発症から2週間以内に、以下の(ア)(イ)のばく露歴のいずれかを満たす。

(ア)武漢市を含む湖北省への渡航歴がある。

(イ)「武漢市を含む湖北省への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人」との接触歴がある。

 

〇 帰国者・接触者相談センターへのお問い合わせ先は、

五所川原保健所  電話0173-34-2108 月~金(祝日を除く) 午前8:30~17:15

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部健康推進課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所1階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-3069

更新日:2020年02月12日