熱中症に注意しよう!

全国的に気温の高い状態が続いており、熱中症にかかるリスクが高くなっています。熱中症について正しく理解し、周囲の人と声をかけ合って熱中症を予防しましょう。

 

熱中症とは


高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分バランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。場合によっては死亡することもあります。

熱中症予防のポイント

暑さを避ける

・室内では扇風機やエアコンで温度を調節し、遮光カーテンやすだれ、打ち水などを利用しましょう。

・外出時は日傘や帽子を着用し、日陰を利用しましょう。

・通気性の良い衣服を着用し、保冷材や冷たいタオルなどで体を冷やしましょう。

 

こまめに水分補給する

 のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給し、汗をかいたときは塩分も補給しましょう。

 

熱中症の対処法

熱中症の症状

めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感など。重症になると会話がおかしくなったり、意識消失やけいれんなどが起こります。


熱中症が疑われたら

・室内や風通しの良い日陰など、涼しい場所へ避難させる

・衣服をゆるめ、からだを冷やす

・水分、塩分、経口補水液などを補給する

自力で水が飲めないときや意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

更新日:2019年08月01日