つがる市乳幼児・すこやか医療費助成制度(旧:子ども医療費)

つがる市では、平成23年4月1日から市独自に給付対象者を中学生まで拡大し、お子さまの健康保持と健やかな成長を願い、健康保険で医療の給付を受けた場合の自己負担費用をその保護者に対して助成します。

※令和2年4月1日より、事業名称を「子ども医療費」から「すこやか医療費」へ変更しました。それに伴い新しい受給資格証は若竹色になりますので、今まで使っていたオレンジ色の受給資格証は破棄していただきますようお願いいたします。

受給資格対象者

つがる市に住所を有し、0歳から15歳に達した日以後最初の3月31日まで(中学校修了まで)のお子さまで、健康保険に加入している方が対象となります。

助成内容

対象となる医療費・療養費は保険診療分に限ります。(入院時の食事療養費、文書料、予防接種、薬の容器代、自費等は助成の対象となりません。)

申請に必要なもの

『乳幼児医療費受給資格証交付(更新)申請書』(就学前まで)、『すこやか医療費受給資格証交付申請書』(小・中学生)→以下よりダウンロードできます

  • 印鑑
  • お子さまの健康保険証

※乳幼児医療費対象者に限り、下記の書類も必要になります。

  • 被保険者のマイナンバーがわかる書類
  • 来庁者の身元確認ができるもの(運転免許証等)
  • 委任状(代理で申請する場合)→以下よりダウンロードできます
  • 同意書(他市町村から転入された被保険者)→以下よりダウンロードできます

受給資格証の交付

受給資格を確認後、受給資格証を交付します。

資格期間

  • 乳幼児医療費受給資格証:0歳から6歳到達後最初の3月31日まで(未就学児)
  • すこやか医療費受給資格証:小学生から中学生(15歳到達後最初の3月31日まで)

医療費助成の受け方

  • 健康保険証と受給資格証を医療機関等の窓口に提示すると、保険診療分の自己負担額を支払わず受診できます。
  • 県外の医療機関等、及び県内で受給資格証を取り扱わない医療機関等で受診される場合は、健康保険証を提示して自己負担額を支払い、領収書をお受け取りください。後日、給付申請することにより、還付されます。

給付申請方法

  • 医療費給付申請書(以下よりダウンロードできます)にご記入の上、領収書1ヵ月分をまとめて翌月の末日までに申請してください。翌々月の25日(休日の場合は翌日以降)に振り込みされます。
  • 申請受付は、申請月の前月分から遡り、4ヵ月以内までの医療費分とします。

※学校の管理下で怪我をした場合は、日本スポーツ振興センターの災害共済給付対象となる場合がありますので、医療機関では受給資格証を使用せずに一旦窓口で医療費を負担してください。日本スポーツ振興センターから給付を受ける場合、つがる市の乳幼児・すこやか医療費助成制度との併用はできませんので、ご注意ください。

その他

  • 住所の異動や加入している健康保険が変更になった場合は、速やかに窓口へ届け出してください。
  • この制度は、他の医療費給付制度による自己負担分の全額給付を受けているお子さまは申請できません。また、受給資格があっても届け出をしないと受給できませんので、忘れずに申請手続きをしてください。
この記事に関するお問い合わせ先

福祉部福祉課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所1階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-4546

更新日:2020年04月01日