つがる市保育所等第2子以降支援助成事業について

つがる市では、保護者等(注釈1)の経済的負担を軽減し、安心して子どもを産み育てる環境づくりを通じて若者世代の定住を促進するため、市内に住所を有し、かつ、子ども・子育て支援法第20条第1項に基づく支給認定を受けた第2子以降の児童(注釈2)に係る利用者負担額(注釈3)について助成しています。
助成を受けるためには申請書及び入所承諾通知書(写し)の提供が必要となり、申請書の提出を受けた日の翌月から利用者負担額が無料となります。
ただし、過去の保育料及び市税に滞納のある方は助成を受けることはできません。

(注釈1)保護者等:第2子以降の児童と同居し、かつ、養育している父母、祖父母及び当該世帯の家計の主宰者(ただし、単身赴任等特別な事情がある場合を除く。)

(注釈2)第2子以降の児童:保護者等と生計を一にする最年長の子から順に2人目以降の子

(注釈3)利用者負担額:つがる市子ども・子育て支援法施行規則に定める利用者負担額(保育料)をいう。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部福祉課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所1階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-4546

更新日:2018年04月04日