入院したときの食事代

  入院したときの食事代は、ほかの診療などにかかる費用などとは別に、1日当たり下記の標準負担額を自己負担し、残りは国保が負担します。

入院患者と看護師のイラスト

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)

 

入院時食事代の標準負担額(1食あたり)
一般(下記以外の人) 460円
住民税非課税世帯低所得2(90日までの入院) 210円
住民税非課税世帯低所得2(過去12か月で90日を超える入院) 160円
低所得1 100円

低所得2とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人(低所得1以外の人)

低所得1とは、同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人

65歳以上の人が療養病床に入院したときは、食費・居住費として、定められた標準負担額を
自己負担します。

65歳以上の人が療養病床に入院したときの食費・居住費
区分 食費(1食) 居住費(1日)
一般(下記以外の人) 460円 320円
住民税非課税世帯・低所得2 210円 320円
低所得1 130円 320円

入院医療の必要性の高い状態が継続する患者および回復期リハビリテーション病棟に入院している患者については、上記の「入院時の食事代の標準負担額」と同額の食材料費相当を負担。 

この記事に関するお問い合わせ先

民生部国民健康保険課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所1階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-3912

更新日:2018年04月04日