いったん全額自己負担したとき

  次のような場合は、いったん全額自己負担となりますが、国保担当窓口へ申請し、審査で決定すれば、自己負担分を除いた額があとから支給されます。個人番号の記載や身元確認が必要な場合がありますのでご注意ください。

 

1.不慮の事故で治療を受けた場合や、旅先で急病になり保険証をもたずに診療をうけたとき

   申請に必要なもの

   保険証・申請書・診療内容の明細書・領収書・認め印・世帯主の預貯金通帳など振込口座がわかるもの

 

2. 医師が必要と認めた手術などで生血を輸血したとき

  申請に必要なもの

  保険証・申請書・医師の診断書か意見書・輸血用生血液受領証明書・血液提供者の領収書・認め印・世帯主の預貯金通帳など振込口座がわかるもの

 

3.お医者さんが治療上必要と認めたコルセットなどの補装具代がかかったとき

  申請に必要なもの

  保険証・申請書・医師の診断書か意見書・領収書・認め印・世帯主の預貯金通帳など振込口座がわかるもの

 

4.医師が必要と認めたはり・灸・マッサージなどの施術を受けたとき

  申請に必要なもの

  保険証・申請書・医師の同意書・明細がわかる領収書・認め印・世帯主の預貯金通帳など振込口座がわかるもの

 

5.骨折やねんざなどで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき

  申請に必要なもの

  保険証・申請書・明細がわかる領収書・認め印・世帯主の預貯金通帳など振込口座がわかるもの

 

6.海外渡航中に診療を受けたとき

  申請に必要なもの

  保険証・申請書・診療内容の明細書と領収明細書(外国語で作成されている場合は日本語の翻訳文が必要)・パスポート等・認め印・世帯主の預貯金通帳など振込口座がわかるもの

 

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

民生部国民健康保険課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所1階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-3912

更新日:2019年04月16日