国保資格喪失後に国保で受診したとき

不当利得(資格喪失後の受診)について

不当利得とは

  社会保険等の資格があるにもかかわらず、勤務先での「被保険者証」の交付が遅れたために、つがる市の「国民健康保険証」で受診してしまった場合や、さかのぼってつがる市の国民健康保険の資格を喪失した場合などは、「不当利得」というかたちでつがる市が医療機関等へ支払った医療給付費分を返還していただきます。
  これは、つがる市の「国民健康保険証」で受診したことにより、本来、社会保険等が負担すべき医療給付費分(7~9割)をつがる市が医療機関等へ支払ったためで、加入されていた方からつがる市へ返還していただき、返還していただいた分を社会保険等に改めて請求し直していただくものです。

国保資格喪失後に国保で受診してしまったときのフロー図
  1. 医療機関に一部負担金を支払います。 
  2. 医療機関より医療給付費分の請求がつがる市国民健康保険にきます。
  3. 該当者の資格を確認し、医療機関に医療給付費分(7~9割)の支払いをします。  本来であればここまでで完結します。  しかし、国保資格喪失後の受診であった場合には、つがる市が支払った医療給付費分の返還の手続きが発生します。
  4. 不当利得のため、つがる市国民健康保険から世帯主に医療給付費分の返還請求(納付書を同封)をします。 
  5. 不当利得返還請求分を世帯主がつがる市国民健康保険に支払います。 
  6. つがる市国民健康保険に返還した分を新たに加入した健康保険に請求します。 その際支払った医療給付費分の領収書と、つがる市国民健康保険から送付された診療報酬明細書が必要になります。 詳しい申請方法については、加入された健康保険にご確認ください。 
  7. 新たに加入した健康保険より、医療給付費分が返還されます。

つがる市国民健康保険に返還した分が、新たに加入した健康保険から申請により返還されますので最終的な負担は変わりませんが、医療給付費分を一時的に支払う必要や、申請の手続きをしなければならないなど、経済的・時間的負担になると思われます。

他の健康保険に加入した際は速やかに脱退の手続きをし、つがる市の国民健康保険証は使わないようにしてください。
この記事に関するお問い合わせ先

民生部国民健康保険課
郵便番号:038-3192 住所:青森県つがる市木造若緑61番地1(市役所1階)
電話:0173-42-2111(代表) ファクス:0173-42-3912

更新日:2018年04月04日