子宮頸がんワクチン予防接種について

平成25年から積極的な接種勧奨が差し控えられてきましたが、令和3年より積極的な接種勧奨が再開となりました

子宮頸がん(HPV)ワクチン定期予防接種について

定期予防接種対象者

小学校6年生~高校1年生の女子

※ただし、平成18年4月2日から平成20年4月1日生まれの方については、令和7年3月末まで無料で接種を受けることができます。

 

接種回数及び間隔

 

ワクチンの種類 接種回数 接種間隔
2価ワクチン(サーバリックス) 3回

初回接種から1か月後に2回目、

6か月後に3回目

4価ワクチン(ガーダシル) 3回

初回接種から2か月後に2回目、

6か月後に3回目

 

子宮頸がん(HPV)ワクチンキャッチアップ接種について

子宮頸がん(HPV)ワクチンの積極的勧奨を控えていた間に接種の機会をなくした方への機会確保として接種をすることができます。

キャッチアップ対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた女子で、子宮頸がん(HPV)ワクチンを受けたことがない方

1回目、2回目を接種済みの方は不足分を無料で受けることができます。

対象期間

令和4年4月から令和7年3月末まで

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部健康推進課
郵便番号:038-3131 住所:青森県つがる市木造千年3番地3(つがる市民健康づくりセンター内)
電話:0173-23-4311 ファクス:0173-23-4313

更新日:2022年06月21日